第45回国際ソロプチミストアメリカ隔年大会

2018年7月30日~8月2日 「第45回国際ソロプチミストアメリカ隔年大会」が、1990年の京都大会以来28年ぶりに、日本で開催されました。

SI東京-調布ローレルからは、斯波、 野澤(麻)、増田、齋藤、伊藤、大草の6名が出席いたしました。会場となったパシフィコ横浜には、海外の会員の方々も含め2,700名が集い大変な盛況でした。

8月2日は、当クラブが推薦し、昨年の日本東リジョン・ユース・フォーラムに参加した、晃華学園の小内さら紗さんが全体会議とランチセッションに招待されました。全体会議では、招待された女子高生の紹介がありました。また、ランチセッションでは、SIA本部役員や連盟の理事の方々とご一緒にランチを召し上がりながら、ファシリテ-ターとキャリアについてお話をしていただきました。

会長あいさつ(2018年期)

国際ソロプチミスト国際ソロプチミスト東京-調布ローレルは、認証13周年を迎えます。私は2回目の会長を務めさせていただくことになりました。

1回目の年には東日本大震災があり、また今回は西日本豪雨があり大変な災害が起こりました。

こういう時にこそ私達ソロプチミストは、迅速に少しでも被災地の役に立つよう率先して奉仕活動をすべきだと、東日本大震災の時は、すぐに深大寺で「東日本大震災支援チャリチーお茶会」を行い義援金840,589円を寄付することが出来ました。

今回は、ローレル元会員が被災地の広島の呉に昨年転居して、西リジョンアクアマリン呉に転属していますので、すぐに連絡を取り、被害状況を聞き、何か私たちに支援できることがあったらと申し入れしたところ、泥土を除去するのに必要なブリキのバケツが品不足で全然無いので、至急百個以上必要なのでなんとか探してほしいとのことで、早速会員達に伝達しました。運よくメーカーが見つかり、すぐに送ってもらうよう手配が出来、届けることが出来ました。涙が出るほどうれしいと感謝されました。

被災地に本当に必要なものが送れて、良い支援が出来たと思います。またアクアマリン呉ともこれから良い交流を持つことが出来ることでしょう。

微力な私が会長をさせていただくことになりましたので、会員が心を一つにして、楽しく明るく、そして自分のためになり、それが世の中のためにもなる奉仕活動が出来ることをモットーにしていきたいと思います。

今後とも国際ソロプチミスト東京-調布ローレルにご支援賜りますようよろしくお願い申し上げます。

国際ソロプチミスト東京-調布ローレル
20178年期会長 田近紀久子